ダイエット中の外食は自分のダイエット法に合った食事を選びましょう

辛いダイエットの最中、たまには外食をしたいと思うこともあるでしょう。

そうでなくても仕事などどうしても断れない状況で外食をしなければならない事態が訪れることもあるかもしれません。

基本的にカロリーや糖質量など諸々コントロールが可能な自炊が最も良いのですが、どうしても外食をしたい時やしなければならない時は無理をせずに外食をしても良いでしょう。

ダイエット

ダイエットは毎日継続して行うことが重要ですが、たった一食で体重が戻ってしまうような無茶な方法ならばむしろやらない方が健康には良いです。

とはいえそれでも>折角の努力を無にしたくはない場合、極力外食先で食べるものに気をつけなければなりません。


例えばカロリーを制
限する方法の場合、食べるものは出来る限り和食を選択するようにしましょう。


和食は油物が少なく
一汁三菜の食事が最も栄養バランスが良いとされているため、健康にも良いですし洋食や中華に比べてカロリーも低めです。

蕎麦やうどんでも良いですが、意外とカロリーがあるので食べ過ぎないように気を付けましょう。

和食が選択出来ない時はなるべく脂っこいものでないものを選ぶようにして、サラダなどの野菜を摂るようにするだけでも腹持ちが良くなりますし栄養バランスも整います。


カロリーを減らすた
めに栄養バランスを崩すのは論外ですので、栄養バランスをきちんと保った上で極力抑えるように心がけて下さい。

糖質を制限する場合は、和洋中いずれでも構いませんが、米やパン、麺類など糖質量の高いものを一緒に選ぶのはいけません。

また同様の理由でデザートも禁物です。

セットでは頼まず単品だけで糖質が少ないものを中心に食べるようにし、どうしても米やパンが欲しくなったら豆腐やサラダなどさっぱりしたものと一緒に食べるようにすると、空腹も凌げる上に口の中がさっぱりするので気にならなくなります
洋食の場合、頼んだ
品の中に付け合せとしてフライドポテトやコーンなどが付いている場合もありますが、それは今行っている糖質制限の量を考えて食べるかどうかを判断して下さい。


余程ストイックに行
っていない限りは一食くらい食べてしまっても体重に大きな変化はありません。


他にも諸々食事制限
があるダイエット法はありますが、カロリーや糖質制限同様に今自分が食べてはならないものを避けるようにして食事を摂れば外食の時も意外と数多く食べられるものです。

自分一人で食事をするのではなく相手がいる場合は、ストイックに行うのではなく相手が不快に思わないようある程度気を遣いながら注文することも忘れないようにしましょう

http://xn--88jua2f2dxhwhkca5ebr.com/